ホーム > 広報文化 > 学校訪問プログラム

学校訪問プログラム「Japan im Klassenzimmer」

2018年作文コンクールの表彰式についての報告はこちらでご覧ください。

「日本の学校の時間割はドイツのそれと何が違うんだろう。」



「現代の日本において伝統はどのように共存しているんだろう。」



 アニメ・漫画によって日本は以前よりも身近な存在になったとは言え、当地で生の日本を体験できる機会は未だ限られています。そのため、在フランクフルト日本国総領事館は、独日協会フランクフルト及び日本文化普及センターの協力の下、2002年から、管轄州(ヘッセン州、ラインラント・プファルツ州、ザールラント州)の小中高を訪問し、日本を紹介する 学校訪問プログラム「Japan im Klassenzimmer」(「教室の中の日本」)を実施しています。紹介する内容は参加する生徒の関心に合わせて、日本の風景、日常生活、学校制度から政治、エネルギー政策、さらに最新のアニメ・漫画やJポップまで幅広く扱っています。また、プレゼンテーションだけではなく、習字や折り紙教室や、日本の伝統音楽の紹介なども行っています。
 さらに、学校訪問プログラムに参加した生徒には、日本に関する作文を書いて競い合う「作文コンクール」に参加する権利が与えられます。毎年、多くの作文が提出されますが、特に優秀な先品を書いた生徒は、在フランクフルト総領事公邸での作文コンクール表彰式に招待されます(今年の表彰式の様子はこちらをご覧下さい)。そして、その中でもとりわけ優秀な作品を書いた2名の生徒には、JAL及びJTBがスポンサーとなり、最優秀賞としてなんと!約10日間の日本旅行が贈呈されます。日本では東京・京都はもちろんのこと、フランクフルトの姉妹都市である横浜や、広島、金沢など、毎年様々な場所を訪問する充実したプログラムとなっています。


2019年の学校訪問

第1回 ザールブリュッケン市ローテンビュール高校(Gymnasium am Rotenbühl)(2019年3月18日)

 3月18日、総領事館はザールラント州ザールブリュッケン市内ローテンビュール高校を訪問しました。
 プレゼンテーションでは日本に関する様々なテーマについて説明したほか、日本の中高生の学校生活や最近の流行について、クイズ等を踏まえつつ紹介しました。この訪問を機に、日本や日本語について興味を持ってくれる生徒が増えてくれれば嬉しいです。
 ローテンビュール高校は、大阪府立岸和田高校との間で高校生交流プログラムを実施しており、今年は3月14日から19日の日程で岸和田高校の高校生がドイツを訪問しています。当館の学校訪問当日も、同校からの生徒2名及び教員2名にもご参加いただきました。
 今回は2019年度最初の学校訪問でした。今年度の作文コンクールのテーマは「東京五輪と私」です。たくさんのご応募お待ちしております。

過去の学校訪問