2023年3月27日からのパスポートのオンライン申請と申請手続きの一部変更

令和5年3月22日
(ポイント)
○2023年3月27日(月)から、パスポートの手続きの一部がオンラインで申請可能になります。
○オンライン申請に際しては、在留届が「電子届出化」されている必要があります(電子届出化の方法は、2023年2月6日付当館発メールで変更方法をご案内しています)。
○オンライン申請は、在留届電子届出システム(ORRネット)へのログイン後、スマートフォン(専用アプリ)またはパソコン(Webブラウザ)で海外旅券電子申請システムを利用して行っていただきます。
○従来の文書(紙)での窓口申請や郵送申請も引き続き利用可能です。(郵送申請は当館の管轄州(ヘッセン、ラインラント・プファルツ及びザールラント州)にお住まいの方で、ご自宅が遠隔地(原則として、当館までの移動に片道2時間以上を要する場所)にある場合に可能です。)
○パスポートを受け取るためには引き続き領事窓口に来ていただく必要があります。
○また、2023年3月27日から、パスポートの申請に必要な書類などが一部変更されます。
 
(本文)
1. 既にお持ちの有効なパスポートを切り替える申請は、オンラインだけで手続きできます(お持ちのパスポートは、新しいパスポートの受取時に窓口に必ずご持参いただきます)。  

2. パスポートの新規申請の場合は、オンライン申請を受けて、その後に戸籍謄本の提出が必要です(パスポート受取時の提出ではありません)。戸籍謄本の提出方法(郵便等)については、当館から申請者にご連絡します。  

3. オンライン申請は専用アプリの画面案内にしたがって実施いただきますが、申請方法等については、次のリンク(外務省ホームページ)からご確認ください(注:2023年3月22日時点、一部リンクが未設定)。
https://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/passport/page22_004039.html

4. 2023年3月27日からの申請手続きの一部変更
(1)新しくパスポートを申請する場合や、パスポートの記載事項に変更がある場合は、戸籍謄本をご用意ください。戸籍抄本では申請できません。
なお、有効なパスポートを切り替える申請の場合、戸籍謄本の提出は原則不要です。
(2)パスポートの査証欄を追加する増補制度が廃止になります。余白がなくなったら、新たなパスポート(残存有効期間同一旅券等)を申請してください。
(3)パスポート発行後6か月以内にお受け取りがない場合、パスポートは失効します。失効後5年以内に次のパスポートを申請する際には、通常より高い手数料となります。
(4)パスポートの申請書(紙)の様式が変更され、以前の古い様式の申請書は使用できなくなります。ダウンロード申請書も2023年3月27日以降用をご選択ください。