ホーム > 広報文化 > 文化行事報告

文化行事報告

 


ブックメッセにおける日本文化紹介行事(平成27年10月17、18日)

世界最大規模の書籍見本市である第67回フランクフルト・ブックメッセが10月14日から18日にかけて当地メッセ会場において開催されました。国内外から多くのバイヤーや専門家が訪れ、とりわけ週末には大勢の一般客が訪れました。日本の出版社が軒を連ねる日本ブースの一角に当館からもブースを出展し、日本観光パンフレット等を配付した他、週末には折紙・書道のワークショップを行い、多くの参加者に日本文化を体験できる場を提供しました。また17日には、翌日開催されたドイツコスプレ選手権大会のファイナリストを公邸に招いて懇談会を行いました。


フランクフルト日本デー(平成27年10月17日)

10月17日、独日協会フランクフルト、フランクフルト日本法人会、日本文化普及センター及び当館の共催で第11回日本デーが開催されました。フランクフルトの市民ホールSaalbau Bornheimにおいて、多くの来場者が生け花、書道、墨絵等のワークショップに参加し、盛んな日独文化交流が行われました。当館は、フランクフルト日本人国際学校の皆さんの協力を得て、本年初めてけん玉体験教室を実施しました。日本人学校の生徒さん達の素晴らしい技に魅了されながら、子供から大人までたくさんの人が日本の伝統的な遊びであるけん玉に挑戦しました。また、舞台においては太鼓の演奏や盆踊りなど多彩なプログラムが披露されました。夕方の部では神山総領事が舞台挨拶を行いました。


第15回日本映画際「ニッポン・コネクション」(平成27年6月2日~7日)

6月2日から7日まで、当地において世界最大の日本映画祭「ニッポン・コネクション」が開催されました。期間中は約100本の最新日本映画及びレトロ作品の上映の他、各種コンサートや日本文化紹介イベントが開催され、連日大勢の観客で賑わいました。当館からは、和食をテーマに取り上げ、当地在住の料理人であるジィヴァノヴィッチりな氏による「妖怪ウォッチ弁当教室」及び当館福多副領事による「おにぎり教室」を開催しました。満席となった会場では、それぞれの説明を受けながら大人から子供まで一生懸命弁当作りあるいはおにぎり作りを楽しみました。来年は5月24日から5月29日までの期間で第16回ニッポン・コネクションが開催される予定です。


アニメ漫画大会「Hanami」開催(平成27年5月9日~10日)

9日、ルートヴィクスハーフェンにおいて漫画とアニメの大会(コンベンション)の「Hanami」が開催されました。毎年数千人の来場者を誇るHanamiは今年で10周年を迎え、コスプレ大会や日本語講座、弁当ワークショップ等が行われました。開会式に出席した坂本総領事からは、主催者に対して10年にわたる日本文化紹介への尽力に感謝するとともに、漫画やアニメを通して日本社会や日本語等にも幅広く興味をもって欲しい旨挨拶が行われました。


第2回ザールランド日本映画祭(平成27年5月7日~10日)

5月7日から10日にかけてザールランド州の州都ザールブリュッケン市の映画館フィルムハウスにおいて「第2回ザールランド日本映画祭」が開催されました。9日及び10日は当館主催で溝口監督の無声映画「折鶴お千」、アニメ「おおかみ子供の雨と雪」、そしてカンヌで審査員賞を受賞した「そして父になる」を上映しました。9日の無声映画上映に際しては、ヴァインス氏の語りに加えて現地在住の二口淳子氏による龍笛、木場倶子氏による笙の演奏が行われ、悲哀溢れる物語に彩りを加えました。10日に来場した坂本総領事は挨拶の中で、昨年に続いてザールランドで日本映画祭を開催できて嬉しい、本日は「母の日」にちなんで家族愛に焦点を当てたアニメと映画をお届けしたい旨述べました。観客からは「世界共通のテーマである家族の中にも日本らしさが見える作品で感動した」等の賞賛の声が聞かれました。


日独若手音楽家の集い(平成27年4月24日)

4月24日、総領事公邸において当地で活躍する7名の若手音楽家(木森菜見子さん、小松綾さん、中島麗さん、北嶋愛季さん、太田耕平さん、ヨナス・チェンデルラインさん、田中瑶子さん)によるコンサートを開催しました。7名の音楽家は、それぞれ当地の音楽大学においてバロック音楽を専攻しており、今回のコンサートにおいてはバロック時代の楽器を用いて当時の楽曲を演奏するなど、バラエティに富んだプログラムを披露しました。コンサートの最後には、日本の名曲「ふるさと」を演奏し、出席した観客も一緒に口ずさみながらメロディーを楽しみました。コンサート後には、公邸料理人による楽器を形取ったケーキ等が提供され、素晴らしい音楽の余興に浸りながら和やかに会は終了しました。