ホーム > 広報文化 > 学校訪問プログラム > 2014年作文コンクール

2014年作文コンクール

2015年2月27日、総領事公邸において第14回学校訪問プログラム・作文コンクール表彰式が行われました。本年度は、「日本における想像しうる限りで最も素晴らしい経験は何だろう?」というテーマで作文を募集した結果、1年間で50通を超える応募があり、最終選考に残った10名及びその引率教師が表彰式に参加しました。表彰式では、坂本総領事による挨拶の他、生徒1人1人によるスピーチが行われました。最後に、坂本総領事から最優秀賞受賞者2名の発表があり、今年の受賞者アニシャ・レンハードさん及びイザベル・ツィマーマンさんには、スポンサーの日本航空から日本行き航空券がプレゼントされました。受賞者2名は、3月末からのイースター休暇を使った訪日プログラムに参加することになります。また、入賞者全員に、スポンサーのトンボ鉛筆社より景品が贈られました。式典後、参加者は和食を食べながら和やかに歓談しました。

(左から)トンボ株式会社杉山支店長、優勝者のアニシャ・レンハードさん、イザベル・ツィマーマンさん、日本航空田中支店長

集合写真