ホーム > 領事関係 > 在留届

在留届

海外に3ヶ月以上滞在される方は、旅券法の規定により居住地を管轄する在外公館に「在留届」を提出することが義務付けられています。当館では、ヘッセン州、ラインラント・プファルツ州、ザールラント州を管轄しています。海外で生活する日本人が急増するにつれ、事件や事故等の思わぬ災害に巻き込まれるケースも増加しています。万一、このような事態に遭った場合には、「在留届」をもとに所在地や緊急連絡先、または日本国内の連絡先等を確認して援護活動を行っています。こちらの住所等が決まりましたら、「在留届」を提出してください。

また、転居・結婚・出生などにより住所や身分事項に変更があった場合は「変更届」の提出をお願いします。

帰国される際、もしくは当館管轄区域外へ転出される場合は「帰国/転出届」の提出をお願いします。当館管轄区域外へ転居された場合は、居住先を管轄する在外公館に改めて「在留届」を提出してください。

<届け出の方法> (在留届について外務省案内外部リンク

1.インターネット上で「在留届電子届出システム」を利用する。

「在留届電子届出システム」による届出はこちら外部リンク から

2.在留届用紙を使用する。

① 当館領事部窓口で請求

② 郵便で請求

切手を貼り、返送先を記した返送用封筒を同封し、「在留届用紙請求」の旨を明記して当館領事部まで請求する。

③ インターネットからのダウンロード

「在留届」用紙のダウンロードはこちら外部リンクPDFファイル から

「変更届」用紙のダウンロードはこちらPDFファイル から

「帰国/転出届」用紙のダウンロードはこちらPDFファイル から