ホーム > 領事関係 > 旅券(パスポート)旅券 > 記載事項変更旅券

記載事項変更旅券

婚姻などにより旅券の記載事項(氏名や本箱地の都道府県名)に変更が生じた場合は、早やかに変更手続きを行う必要があります。旅券記載事項の変更手続きでは、①旅券の新規発給、または、②記載事項変更旅券の発給、を選択できます。

旅券を新規発給した場合には有効期間も更新されますが、記載事項変更旅券を発給した場合の有効期間は旧旅券の有効期間満了日までとなります。また、両者では手数料の金額も異なります。

<必要なもの>

  1. 一般旅券発給申請書 (記載事項変更用)(来館時に記入、または以下リンク先からダウンロード)

    外部リンク


  2. 現在所有パスポート
  3. 6か月以内に発行された戸籍謄本 (抄本)
  4. 外国入配偶者の姓の併記を希望するなどの場合は、ドイツ語の婚姻証明書(Heiratsurkunde)等、綴りの確認ができる書類
  5. 写真1枚 (カラー・白黒どちらでも可)
    縦4.5cmx横3.5cm、6か月以内に撮影したもの

<手数料>(平成29年度)

49ユーロ

<所要日数>

申請日を含み6日間 (土日・祝を除く)

※平成26年3月19日をもって、追記欄へのスタンプ方式による「記載事項の訂正」制度は廃止されました。
 詳細はこちらを参照ください。外部リンク