ホーム > 領事関係 > 戸籍・国籍 > 婚姻届~日本人と外国人がドイツの方式によって婚姻した場合

婚姻届~日本人と外国人がドイツの方式によって婚姻した場合

婚姻した事実を我が国戸籍に記載する必要がありますので,在外公館(婚姻挙行地でも居住している管轄の在外公館でも可)又は本邦の本籍地市区町村役場に3ヶ月以内に届出をして下さい。

<届出期間>

婚姻成立日より3ヶ月以内

<届出人>

日本人当事者

<必要なもの>

*印のある用紙は当館に備え付けてあります。

  1. 婚姻届*
  2. 戸籍謄(抄)本(原本)(日本人当事者2通)
  3. 婚姻証明書(原本)2通
  4. 同和訳文 2通
  5. 外国人配偶者の婚姻当時の国籍を証明する身分証明書
  6. 同和訳文

<留意点>

  1. 婚姻届は日本人当事者の新本籍地によって必要通数が異なりますので届出先在外公館にあらかじめご確認下さい。
  2. 外国人配偶者の国籍を証する書面については国籍証明書(原本)2通もしくはパスポート(婚姻後に姓を変更したパスポートではなく、婚姻当時のパスポート(原本))を提示下さい。
    ※配偶者がドイツ国籍であればドイツの市区町村発行の身分証明書(婚姻当時の身分証明書)でも可能です。
  3. 外国文の証明書にはすべて和訳文が必要になります。和訳文を作成される方はどなたでも構いませんが、和訳文には訳した方の氏名を記載して下さい。
  4. 外国人との婚姻による氏の変更届について: 外国人と婚姻した日本人配偶者は、婚姻後6ヶ月以内であれば「外国人との婚姻による氏の変更届」により、家庭裁判所の許可を得ずに外国人配偶者と同じ氏に変更することが出来ます。希望される方は必要書類について当館にあらかじめご確認下さい。
  5. ドイツ方式の婚姻の手続きについては,ドイツの関係機関に直接ご確認下さい。
  6. ドイツ以外の方式による婚姻の届出を当館に行う場合は、事前に当館領事班までご連絡下さい。

ご相談、ご不明な点がある場合には当館領事班に電話(069-238-5730)又は右記領事メールにてお問い合わせ下さい。